【動画の解説つき♪】iPadでスクリーンショットを一瞬で撮る方法2つ

iPadを使って学習にしている人もけっこういると思います。
ノートくらいのサイズのiPadを、僕はTOEICの解答用や簿記の計算の時などに活用しました。

で、ときどき、スクリーンショットを撮りたくなる時ってありますよね。動画を見ている時とか、Twitterのいいねはしたくないけど、後で見返す用の記録として残すためにとか。

そんな時にささっとスクショを撮ることができる方法を2つご紹介します!

その1:iPad pencilを活用

まずは有名どころ。

iPadペンシルとかを使うと、画面の左下からシュッとやるとスクーンショットが撮れます。

同時に書き込みもできるおまけ付き!

【動画】

こんな感じでできます↓

ちょっとした問題点

まず、そもそもiPadペンシルを持っていないと使えないです。

また、書き込めるのは利点なのですが、書き込むつもりはなくて、ただスクリーンショットが撮りたいだけの場合は1テンポ遅くなってしまいます。

そこでオススメなのが、以下の方法です。

その2:AssistiveTouchを活用

機能画面から設定ができます。この機能はすごく便利で、一度設定すればあとは指とタタン!っと軽く2回タッチするだけでスクリーンショットが撮れるようになります。

ちなみに、以下の画面は全て、この方法で撮影した画像です!

画像解説

・アクセシビリティを選択

・タッチを選択

・AssistiveTouchを「オン」にします。

すると以下のボタンが出現します。「カスタムアクション」という機能のボタンです。

これをタッチすることで操作が可能になります!

カスタムアクションについて

シングルタップ、ダブルタップ、長押しの3つを設定できます。

僕はダブルタップにスクリーンショットを設定して、あとは設定なしにしています。

ボタンには、けっこう無意識に触れることが多いので、シングルタップにスクショを設定していると、予期しない時にスクショを撮ってしまったりします。

ダブルタッチ2回は0.3秒に設定しているので、意識的に2回タタン!っと触れればスクリーンショットが撮れます。これ、すごく便利です。

是非お試しください!

30秒で支度しな!!動画解説はこちら♪

余談:動画を撮った後に音声を入れてるので、けっこう早口になってしまっています。

画面録画ってなぜか無音でしか撮影できないんですよねぇ。

高画質無音版はこちら↓