【具体的数値あり】GoProで撮ったデータを快適にパソコンに移すにはカードリーダーが超重要!

GoProdで撮ったデータ量の移行をより快適に!

M1MacBook Airを購入したので、サクサク動画を書き出せるようになりました!

GoProで4K動画を撮影すると、数十ギガ使います。それをMacBook Airに取り込むときにカードリーダを利用すると。で、データの移動に長いときは1時間以上かかっていました。この時間が長いなと。もっと早く取り込めるといいなと。それで、microSDカードはそのままで、カードリーダーを変更してみたら、読み込み速度が3倍くらいになりました!

GoProのmicroSDカードをめぐる冒険

ちなみにGoProでの動画撮影時に使っているのはSanDisk(サンディスク)microSDカードです。

そもそもGoProの場合は、使えるmicroSDカードがある程度決まっているので、選択の余地がありません。なので、必然的に相応の機能のmicroSDカードを使うことになります。

ただ、microSDカードは国産純正だけでなく並行輸入品とかも結構出回っています。僕は安いので海外製品を使っています。が、データの移行にかなり時間がかかります。一方で撮影した動画の画質は4Kでもきちんと綺麗に保存されています。海外製だから読み込み速度が遅いのか??結論から言うと海外輸入品でも全く問題ありませんでした。

問題はmicroSDカードでなはなく、カードリーダーの方にありました。

SDカード本来の性能を発揮できていなかった

DisK Speed Testを使って、SDカードの速度を計測

某ノーマルカードリーダー

これまでの某カードリーダーを使った時の読み込み速度がこちら↓

WRITE(書き込み):17.7

READ(読み込み):18.5

読み書きがそれぞれ20Mを下回っています。

これは使っているSDカードに問題があるのではなく、カードリーダーに問題がありました。

カードリーダーを変更した結果

ご覧ください。同じSDカードを使っているんですが、カードリーダーを変更しただけで読み書き共に速度が大幅に向上しました!

WRITE(書き込み):53.6

READ(読み込み):87.8

特にREADは4倍上の速度になっています!

カードリーダー選びのポイントはUHS-I対応

サンディスクのmicroSDカードについては、UHS-Iに対応しているカードリーダーを選ぶのがポイントです。そうじゃないと、せっかく高性能のmicroSDカードを使ってもデータの移動に時間がかかってしまいます。まさに宝の持ち腐れ。

このカードリーダーがマジでオススメ

結論から言うと、アンカーのカードリーダーがオススメです。

理由は2つ

  • 安い
  • きちんと動作する

値段は1300円くらいで、UHS-I対応です。サクサク読み込めるのでこれ一択です。

昔は自動車のカーナビは20〜30万円とか当たり前のようにかかってました。

同様に国産のカードリーダーとかmicroSDカードって高すぎるんですよね。

だから、国内に縛られずにきちんと機能する海外製品を活用できるとコスパも良く小確幸かなと思います。